読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

『今昔百鬼拾遺』とは?

「妖怪画解説」

1780年(安永10年)に刊行された鳥山石燕の妖怪画集。

『今昔百鬼拾遺』の読みは「こんじゃくひゃっきじゅうい」。

『画図百鬼夜行』で始まり、『今昔画図続百鬼』で妖怪の魅力をふんだんに描き、この『今昔百鬼拾遺』では妖怪の奥深さ、複雑さを堪能できる(気がする)。

博識だった石燕先生が本気を出し、中国古書などからの知識が多く入っているのがこの『今昔百鬼拾遺』だと僕は勝手に思っている。

前作『今昔画図続百鬼』に続きこちらも解説文付き。というか無いのは最初の『画図百鬼夜行』だけか。

ただし石燕先生の創作妖怪も多分に入っている。

 

『画図百鬼夜行』とは? 『今昔画図続百鬼』とは? もどうぞ。

 

関連記事:『今昔百鬼拾遺』妖怪一覧

 

 参考資料:『画図百鬼夜行』 鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集