読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

『今昔画図続百鬼』とは?

「妖怪画解説」

『今昔画図続百鬼』は鳥山石燕による『画図百鬼夜行』の続編の妖怪画集。

『画図百鬼夜行』とは? もどうぞ)

1779年(安永8年)に刊行。

読みは「こんじゃくがずぞくひゃっき」。噛まないよう注意されたし。

雨、晦、明の三部構成。

この『今昔画図続百鬼』より石燕先生の解説文が画中に記載されている。

『画図百鬼夜行』でスタートしたシリーズの2作目ということもあり、かなり濃くて4作品中でも僕は一番コレが好き。

始まりの妖怪(怪異)が「逢魔時」で(黄昏とかのこと)、終わりが「日の出」なのもなんだか素敵。

怖くって濃い妖怪がぎっしりですのでオススメ。

 

 

関連記事:『今昔画図続百鬼』妖怪一覧

 

参考資料:『画図百鬼夜行』 鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集