読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

見越入道(みこしにゅうどう)

『画図百鬼夜行』 『百怪図巻』

f:id:youkaiwiki:20130128091926j:plain

『百怪図巻』より「見越入道」
 
日本各地に伝わる、巨大入道妖怪。
僧の姿で現れ、見ていたらどんどんと背が高くなった、または首がどんどん伸びていったーーなど多様なバリエーションを持ついまいち特性も定まらない妖怪。
見越入道に逢うと殺されてしまう伝承も伝わるが、ほとんどの場合は「見越した!」と言う事で撃退できる。
 
見越入道の正体も複数説あり、キツネ、狸、鼬などと言われる。
また、首が長く伸びた見越入道が描かれる事も多く、「男性版ろくろ首なのでは?」という意見もある。
巨大であったり長かったりと、曖昧な妖怪ではあるが、なぜか妖怪の中でも偉い妖怪として捉えられる事が多い。
 
因みに石燕も「見越」という名前で巨大で少し首が長い妖怪を描いている。
f:id:youkaiwiki:20130128092719j:plain
『画図百鬼夜行』より「見越」
 
また、似たような性質の妖怪は多く、見上げ入道、高入道など名前が違うだけのような妖怪もいる。
 
街灯も無い時代、巨木などを誤認し、妖怪と思い込んだーー
例えば巨大な入道なんかはそういう誤認から生まれたりもするだろうな、と思うわけです。そうすればそりゃあ全国に沸きますよ。