読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

目競(めくらべ)

『今昔百鬼拾遺』

f:id:youkaiwiki:20130128093909j:plain

『今昔百鬼拾遺』より「目競」
 
大政入道清盛ある夜の夢に、されかうべ東西より出てはじめは二つありけるが、のちには十、二十、五十、百、千、万、のちにはいく千万といふ数をしらず
入道もまけずこれをにらみけるに、たとへば人の目くらべをするやう也しよし
平家物語にみえたり
 
 
かの平清盛が遭遇したと『平家物語』内に書かれている髑髏の妖怪。
ざっくりの内容としてはーー
「朝、清盛が庭に出ると無数の髑髏が動き回り清盛を見ていた。驚き助けを求めるも誰にも聞こえない。さらに髑髏は一箇所に集まり、一つの巨大髑髏へと合体した。意を決した清盛は、思い切り巨大髑髏を睨みつけた。すると髑髏は消えてしまったーー」
 
なんというキングスライム。そして眼力のみで髑髏を撃退した平清盛さすが。
そしてこの髑髏には「目競」と名前が付いた。
めでたしめでたし。