読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

弊六(へいろく)

『百器徒然袋』

f:id:youkaiwiki:20130127232007j:plain

『百器徒然袋』より「弊六」
 
花のみやこに社さだめず、あらぶるこゝろまします、神のさわぎ出給ひしにやと、夢心におもひぬ
 
御幣をばら撒きながら練り歩く謎多き妖怪。
例の如く石燕の『百器徒然袋』は創作妖怪の宝庫である為、弊六も創作だと思われる。
何がしたい妖怪なのかほとんど推測する以外に情報が無いが、神道であることだけは解る。
ではせっかくなので豆知識。
神道での弊六も撒いてる紙は「御幣」と言い、幣帛(へいはく)の一種。幣帛とは神に供える神聖な物で、よく知るところではお神酒などもそれに入る。
あの紙は実はかなり重要な役目を担っており、時には御神体の依り代として祀られることすらある。
因みに、五平餅もこの「御幣」由来であると言われている。
 
ーーへぇへぇへぇへぇへぇ。5へぇ、な。