読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

鈴彦姫(すずひこひめ)

『百器徒然袋』

f:id:youkaiwiki:20130125161444j:plain

『百器徒然袋』より「鈴彦姫」
 
かくれし神を出し奉んとて岩戸のまへにて神楽を奏し給ひし天鈿女のいにしへもこひしく、夢心におもひぬ
 
神を呼び降ろす為の儀式に用いられた鈴が付喪神となった妖怪。
石燕の解説文には、天照大御神を天岩戸から出す為に神楽を演奏した天鈿女(あまのうずめ)の事が書かれているため、鈴が神聖な物であることが窺える。
ただ、この天鈿女は、天照大御神を天岩戸から出す作戦として舞い踊ったのだが、素っ裸でアソコもおっぴろげてそれはもう大胆な踊りを舞ったようだ。
それに大喜びで大爆笑した神々の様子が気になって、天照は出てきてしまった――という流れ。
ぜひ見てみたい。その踊り。
――この妖怪も石燕の『百器徒然袋』内の他の妖怪と同じように、石燕の創作妖怪だと思われる。