読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

殺生石(せっしょうせき)

『今昔百鬼拾遺』

f:id:youkaiwiki:20130125171015j:plain

『今昔百鬼拾遺』より「殺生石」
 
殺生石は下野国那須野にあり
老狐の化する所にして、鳥獣これに触れば皆死す
応永二年乙亥正月十一日、源翁和尚これを打破すといふ
 
栃木県那須町にある、玉藻前が化けた九尾の狐が討伐され、石になったもの。
九尾の狐の怨念すさまじく、石燕の解説文にもあるように「鳥獣これに触れば皆死す」とある。
その石が応永二年、玄翁和尚により打破され、各地の「高田」と名のつく地に飛散した。
殺生石の現象は、温泉地としても有名な那須町に噴出しているガスなどにより実際に鳥などが死ぬ場合もあると言う。これが元になり殺生石伝説が作られた可能性も充分考えられる。
また、飛散した石の内、四国へと飛んだものは「犬神」になった、など殺生石から派生する伝承は多く、なおさら玉藻前様に平伏したくなる。