読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

塵塚怪王(ちりづかかいおう)

『百器徒然袋』

塵塚怪王

f:id:youkaiwiki:20121213002412j:plain

『百器徒然袋』より「塵塚怪王」

 

それ森羅万象およそかたちをなせるものに長たるものなきことなし

麟は獣の長、鳳は禽の長たるよしなれば、このちりづか怪王はちりつもりてなれる山姥とうの長なるべしと、夢のうちにおもひぬ

 

鳥山石燕の妖怪画シリーズの『百器徒然袋』は、タイトルの通り付喪神と徒然草のパロディ妖怪が多く、この塵塚怪王も徒然草の「多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵」という一文から作られた妖怪である。

怪王の名の通り、ゴミの付喪神達の王であり、絵も実にゴミゴミとしていて賑やか。

また、先に挙げた徒然草第72段の一文に、「文車の文」とあるが、『百器徒然袋』内の隣の項に「文車妖妃」という妖怪が描かれている。

もしあなたが付喪神化したゴミを持ってしまっているなら、廃品回収ではなく塵塚怪王に電話することを勧める。

 

付喪神回収の塵塚怪王~現代妖怪譚~

――こちらは、妖怪リサイクル回収の、塵塚怪王で、御座います。

 

ご不要になって、かつ妖怪となった、

 

 テレビ、エアコン、CDラジカセ、

 

スピーカー、パソコン、冷蔵庫等の、家電製品。

 

バイク、自転車、カーステレオ、

 

 乗らなくなった人力車、首の取れた日本人形、

 

 その他、ご不要になりましたモノがあれば、なんでも、お引き取り致します。

 

お気軽に、お声掛け下さい。

 

こちらは、妖怪リサイクル回収の、塵塚怪王で、御座います――

『百器徒然袋』妖怪一覧へ