読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

覚(さとり)

『今昔画図続百鬼』

f:id:youkaiwiki:20121018003746j:plain

『今昔画図続百鬼』より「覚」

 

飛騨美濃の深山に玃あり 

山人呼んで覚と名づく

色黒く毛長くして、よく人の言をなし、よく人の意を察す 

あへて人の害をなさず

人これを殺さんとすれば、先その意をさとりてにげ去と云

 

人の心を読むと言われる、飛騨や美濃の山中に住む超能力妖怪。しかし偶発的なアクシデントには弱いらしい。

モデルであろうと言われるのが中国に伝わる「玃(かく、やまこ)」で、それを石燕がアレンジし、人の心を悟るという意味で「覚(さとり)」と命名したと考えられている。

中国の「玃」は、女性を攫って犯すなどの蛮行をする凶悪な猿でもある。

因みに玃がモデルとされる妖怪には「山びこ」もいる。妖怪談義でお馴染みの柳田國男は、人の心を読むのと声を返すのは同じようなものとし、起源は同じ(つまり両妖怪とも玃が起源)ではないか、と書いている。成程面白いです國男先生。

 

『今昔画図続百鬼』一覧へ