読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪うぃき的妖怪図鑑

妖怪うぃきから産まれた妖怪図鑑ブログ。妖怪の原点に触れ、もっと魑魅魍魎を知るきっかけになれば幸いです。

反響、こだまの原因となる妖怪、山びこ(やまびこ)

『百怪図巻』 『画図百鬼夜行』

山びこ(やまびこ)

『百怪図巻』より「山びこ」
 
山で声が返ってくるこだま現象の正体と言われる妖怪。
今でこそ解明されてしまっているこだまだが、かつては怪異であったことが伺える。
因みに鳥山石燕は「幽谷響」という字を当てている。
これもまた中国の伝承に由来するもので、一般的には「山彦」とすることが多いと思う。
幽谷響
『画図百鬼夜行』より「幽谷響」
 
描かれている動物が何なのかははっきりとわかっていないが、中国の伝説上の猿とされる「ヤマコ」ではないか、と言われている。
でも犬にも見える。
なぜ「やれやれ」というポーズをしているのかは謎。
 
因みにやまびこやこだまといった山での現象は、反響という現象であるが、この反響が妖怪視されていると思われる妖怪は山彦だけではない。例えば、山中どこにも気配や人気が無いのにお囃子の音が聞こえてくるという「狸囃子」も、風に乗ったどこか遠くの村でのお囃子の音だとか、反響して届けられた音だとされている。
でも現代でも、山中どこからか反響によっていきなりお囃子なんか聞こえてきたら誰でもビビルと思う。